ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  事業報告  >  2012年度事業報告  >  創睦委員会  >  村山地区商工会青年部連絡協議会「事業発表会」

日頃より青年部活動お疲れ様です。創睦委員会委員長の渡邉です。


先日行われた事業発表会につきましてご報告申し上げます。 


平成24年11月29日(木)に、大石田町 農協会館を会場として事業発表会が行われました。


事業発表会は12単会が集まりそれぞれの事業を発表しあうという、所属単会の中だけで活動しているとともすれば思考停止に陥りがちな中、相互交流を深めることで互いに刺激しあい、資質向上を目指し、そのうえで連携強化にも繋げていくという、村青連のスケールメリットを活かした大変意義深い事業であると思います。


そんな中で、寒河江の青年部の事業を発表できることに誇りを感じると同時に、寒河江を代表して臨むことに大変な責任も重く圧し掛かりました。


そこで、事業発表者を荒木副委員長にお願いし、入念な事前準備に取り掛かりました。


本番当日まで役員で幾度も会議を重ね原稿とプレゼン方法を練り上げましたが、題材としては、当委員会で担っている、寒河江を題材にした絵本作りの「さがえほん」を中心に、部員による絵本の読み聞かせ活動の「ぱぱえほん」などを取り上げた内容に致しました。


ただ発表の持ち時間も5分と決まっていることもあり、事業の内容からすれば伝えたいことを簡潔にまとめるのに相当の苦労がありましたが、町を想い、町を創る、子供たちの情操教育を担う意義を伝える本事業の良さが十分に伝わる内容に仕上げることが出来ました。


当日は各委員会より11名を含めた15名で参加しましたが、各単会を見渡してもこれほどの人数で参加しているところは皆無で、寒河江市商工会青年部の勢いを感じましたし、発表者の荒木副委員長も、おそらく帯同していただいた皆様の熱い応援に勇気づけられたのではないかと思います。


そして発表の順番は4番目でありましたが、5分という持ち時間をオーバーする他単会が多い中、荒木副委員長は時間内にミスもなく、また大人数を前に臆することなく堂々と日頃積み上げた練習の成果を存分に発揮した血の通った骨太の素晴らしいプレゼンを披露していただきました。


発表を通じ、地域の子供たちに地元への愛着を深めてもらうための事業意義と熱気が他単会にも十分に伝わったのではないかと思います。


結果としては、12単会中2位という順位に終わってしまいましたが、このたびの事業では結果が重要なのではなく、発表に至るまでのプロセス含め、得難い経験と自信がついたことが一番の発表者にとっての収穫であり、そのことをより多く学べた者が真の1位に相応しいのではないでしょうか。


そんな素晴らしい事業に携われたこと、また事業構築にご協力いただいた皆様にこの場を借りて感謝申し上げます。また、委員長としては発表に関し見守ることしか出来ませんでしたが、主体となって努力いただいた荒木副委員長には改めて感謝と御礼申し上げます。


ありがとうございました。


 


ログイン


IDとパスワードを記憶

メニュー

TOP
2016年度事業報告
ふるさと活性化委員会
コラボプロジェクト
商人向上委員会
組織活性化委員会
渉外交流委員会
2015年度事業報告
商人向上委員会
組織活性化委員会
ふるさと活性化委員会
渉外交流委員会
主張発表プロジェクト
2014年度事業報告
創地委員会
創営委員会
創交委員会
創活委員会
創睦委員会
2013年度事業報告
創地委員会
創営委員会
創睦委員会
創活委員会
創交委員会
想×創プロジェクト2013
2012年度事業報告
さがえほんまつり
青年部全体
三役
創営委員会
創地委員会
創睦委員会
創交委員会
創活委員会
想×創プロジェクト2011
2011年度事業報告-MOVE
青年部全体
三役
創営委員会
創地委員会
創睦委員会
創交委員会
想×創プロジェクト2011
2010年度事業報告
創楽委員会
創営委員会
創繋委員会
創地委員会
想×創プロジェクト

ページの終端です。ページの先頭に戻る